アスレティックトレーナー 関上寅之輔のブログ

スポーツ・健康・心と身体のコト

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

意見


プロ野球ではイーグルスが優勝しました。

日本シリーズ最終戦は8回くらいからLIVEでテレビを見ることができたのですが、

九回のマー君の投球は感動的でしたね。


こじつけるわけではないのですが、

阪神淡路大震災の翌年にブルーウェーブが日本一。

イーグルスの優勝は11月3日で11.3。

あの3.11の東北太平洋沖地震の日にちをひっくりかえした数字です。

しかもカード的には11月2日のマー君の先発した第6戦の方がイーグルスの優勝する可能性は高かったと思うので、

シーズン24勝もして無敗だったマー君が負けて、

11月3日に優勝というのもなにか勘ぐってしまいます。


まあ、考えれば偶然のはんちゅうなんですが、

あんなにドラマチックな優勝の仕方を見てしまうと、

なにかこじつけたくなってしまう気持ちもあります。






マー君事田中投手は先発した第6戦で160球投げ、

最終戦で15球投げました。

プロ野球の世界ではありえないことです。


スポーツの本場のアメリカでは、

身体の専門家であるアスレティックトレーナー(AT)がコーチと同じように責任と権利を持っており、

ATがこの選手は試合には出せないと主張すればコーチですらその決定を翻せないと言う話をよく聞きます。

田中選手の身体の事を考えれば今回の起用方法は、

ATをはじめメディカルスタッフの視点で見ればNGとされるものであることは明白でした。


Facebook上では当然のことながら、

トレーナー業界に係っている方であるほど、

あの起用は無い。

田中選手が心配。

止めるべき。

という意見があったように感じます。


私もそれについて考えたのですが、

当初私の意見としては三つの考えがありました。

①田中選手のこれからを考え投げさせるべきではなかった。(否定)

②エンターテイメントであるプロスポーツとして感動的な試合であり、シリーズであり、シーズンになった。(肯定)

③結果を求められるプロスポーツで、戦略的に疲労し消耗した状態であっても田中投手が投げた方が勝つ確率が高かった(肯定)


特に③については、

田中投手の連投に否定的な専門家の方も同じ意見だったのではないかと感じます。

楽天の勝利数ランクは、

田中投手24勝

則本投手15勝

美馬投手6勝

といったように特に2位と3位以下の間には大きなギャップがあり、

先発とリリーフの技術的な違を考慮しても、

24勝、防御率1点台、勝率10割の投手に代わる選手はいないといっても良いでしょう。


経験的にも、

前日に一試合完投、160球の投球をしたとしても、

疲労で翌日に球速が130km台になるなどという事は考えにくく、

事実田中選手は連投の7戦で150kmの球速の投球をしていました。

乱暴に言えば実際あんまり変わらないんです。


また、

これも問題になっていますが、

高校野球ではこのような起用はほとんど日常茶飯事といえるでしょう。


心の中では高校野球では日常茶飯事なのに、

プロ野球ではまったくなくなることに違和感を感じていました。

プロではまったく無くなりますからね。


高校卒業と同時にプロになる選手は、

翌年まではバリバリ連投して、

プロになった年から全く連投しなくなる。

なんかな~と思っていたわけです。


また、

メジャーリーグでは、

先発投手は100球を目安に交代するのが普通ですが、

日本では田中投手のように一試合160球投げるのはそれほど珍しいことではないです。

それについて、日本の野球解説者の方は、

日本の先発完投型の投手は100球以上投げても大丈夫。

むしろ尻上がりに調子を上げる。

という事を言います。


やっているのは同じ野球なのに、

やる環境が違うだけでこんなにやっていることが違うのは、

どこか納得できない気持ちがあって、

田中選手の連投に否定的な意見の方に対して、

じゃあ高校野球の連投も止めればいいのでは?

と斜に構えてしまっていたところがあります。


だらだらまとまりが無い話になってしまいましたが、

結論は、

もしも自分がイーグルスのATだったとしたら、

田中投手の連投にNOと言えなかったであろうという事です。

そうかんがえていました。


自分がラグビーチームなどでATをしていて、

勝利のために選手を消耗させなければならないケースなどを経験していると、

やはり田中投手の起用について駄目だと言えない自分がいました。

まとまらないですがここまでが自分の意見というか考えていることです。





11.3のあと、

夜寝る前などにそんなことを結構考えていたのですが、

ひとつこれは真理かもなと感じる考えを思いつきました。

上の文章の中で、

高校野球がどうとか、

メジャーがどうとか書いていましたが、

大切なのは目の前の選手やチームに焦点をしぼることで、

逆に言えば自分の手の届く範囲のことしか語ることはできないという事です。


もうすこしいうと、

語るのはいいですがあまり生産性が無いという事。


自分が楽天のATだったら止めた方がよかったかなという事に少し傾いたこの数日間でした。

| トレーナー・仕事・職業観 | 03:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

めっちゃ高学歴の集まるメジャーリーグ

少し前の話ですがラグビー日本代表の試合を観戦に行ってきました。


ハーフが160cm


写真は日本代表トライの2秒前です。

「まじでトライする2秒前」です。

広末です。

対戦相手のフィジー代表の体格はもうFWもBKも見分けがつかない大男でした。



話は変わりますが、

少し古いですが2009年の全米大学生就職したい企業ランキング17位にMLB(メジャーリーグベースボール)がランクインしたそうです。

その年の1位はGoogle

2位はDisney

3位がapple


それらの中で17位にランクインするのはすごいですね。

ということは全米でも優秀な学生がメジャーリーグに就職するということだと思います。

スポーツそのものの魅力ももちろん大きな理由だと思うのですが、

やはり利益を上げられる組織であるということが就職を目指す学生に支持される要因だと思うのです。


20年位前までは、NPB(日本プロ野球)とMLBの収益はほとんど同じだったそうですが、

現在では約4倍の差があります。


スポーツ自体に対する文化が日本と欧米などでは大きく違うと思うので経営にだけ原因があると行ってしまうと乱暴ですが、それいがいにも何か差があるのでしょうか?


ファンでも顧客でも就職希望者でもよりたくさんの支持をうけれる組織にはパワーがあります。


| スポーツ | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

会話の際に意識していること【SSC】

SSCと聞くと、

運動やスポーツに係っている方が最初に頭に思い浮かぶのは、

stretch shortening cycle(伸張反射)でしょうか。

このSSCは、

大脳を経由せずに行われる反射運動の神経パターンを指し、

伸ばされた筋肉がちぎれないようにオートマティックに収縮させるために必要な安全装置の役割と、

日常生活からスポーツ動作までほとんどすべての動作の起点となり働く重要な神経システムです。

スポーツや運動を語るうえで必要不可欠な言葉ですが、

今回はそれとは違うSSCを紹介したいと思います。


今回タイトルにつけたSSCは、

【Simple・Short・Clear】の頭をとったSSCのことで、

最近会話や、コミュニケーションをを行う際に気を付けている事です。

日本語では【簡単・短い・分かりやすい】って感じでしょうか?


簡単な短い言葉で分かり易く伝える。

という意味で使っています。


相手に自分の考えを伝えるときに、

十分に伝えようと思うあまり、


沢山の情報を沢山の言葉を使ってつたえようとしてしまうケースがありますが、

そのようなケースを卓球でたとえるならば、

相手から返球が来るまでに長い時間がかかってしまい、

限られた時間でラリーの回数が短くなってしまいます。


SSCを上手に利用することでラリーの回数が増え、

実は丁寧にながながと自分の考えを伝えるよりも、

ラリーの回数を多くした方が相手に伝えることができたりします。


A○○○○!

Bそれってこういうこと?

Aいや、○○だよ!

Bそれってこういうこと?

Aいや、○○だって!

Bああこういうことか!

Aだから○○ってこと!

Bなるほどね!

となるのではないでしょうか。


A○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○...。

B...

A○○○○○○○○○○○○○○...

B...

A○○○...

これでは話が前に進みません。


さらに言うと、

知的で生産的なコミュニケーションは相手が(この場合はB)なにを欲しているかを感じ取ることだと私は考えているので、
※参考記事【知的な人への憧れ】

Bからのリターンが多ければ多いほど有意義なコミュニケーションとなる可能性が高くなります。


さらに会話がどんどん進むのでより生産的です。

そして本来の目的でない方に話が脱線することも防ぎやすい。

私は本当に話を脱線させてしまいます(笑)


何の話してたんだっけ?

となってしまうのが一番非効率です。


SSCを意識した会話では、

言葉が短くなるので、

相手が何を考えているのか、

相手がどの単語を使うことで明白に理解ができるのか。

そもそも相手は何を求めているのか。

というように相手を想像する必要があり、

より高度な会話のテクニックですが、

私が思う〝すごい人たち”はみんなこれが出来ているように感じています。




| ことばあそび | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東京マラソン

2月24日の日曜日、

レインボーブリッジは封鎖されませんでしたが、

都庁前の道路が朝から封鎖されました(笑)

s_DSC_0410.jpg

ものすごい参加者の数でした。

過去最高の303,450人の応募があったそうで倍率は10倍以上でした。

私は参加者が入る前の封鎖直後の道路に立ったのですが、

ふだん交通量の高い四車線の道路に一台も車がいないのは壮観でした。


東京マラソン


たくさんの人が集まった時のパワーを感じました。

| スポーツ | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

固定と書いて安定と読む



『体幹』

一般の方の間でも少しトレーニングやスポーツをしている方なら体幹という言葉を聞いたことがないという方のほうが少ないと思います。



写真のエクササイズは体幹を鍛えるという名目でよく行われているエクササイズですが、

その際、『体幹を固定する』というキーワードがよく利用されます。

私は体幹=腰椎骨盤帯という考えを支持していますので、参考記事/「体幹/コア」

この写真のエクササイズではお尻の辺りからみぞおち辺りまでを固定出来ているか?ということがチェックポイントです。

写真はなかなか良いですが、少し生理的湾曲が乱れていますでしょうか?


よく『固定』という言葉を使うと、

『関節を固定させるなんておかしい』という意見をいただくことがあります。

いや確かにそうだなと感じます。

もしも固定するということが良しされるなら、乱暴に言えばそもそも24個に背骨が分かれて進化する必要がないと言えなくもありません。

スポーツしている動作の写真を見てもみんなグイングイン背骨を動かしていますし。

『固定』ではなく『安定』という言葉を使えばしっくりくるでしょうか?



脊柱のニュートラルゾーン(簡単に言うと脊椎に負担のかからない動く幅)という概念は1992年ごろすでにPanjabによって定義されていたそうですが、

ある脊椎や腰痛に関する洋書の和訳でも脊椎の文節的安定性とあらわしていることからも結構前から安定性という言葉のほうが普通に利用されていたようです。

固定という言葉のほうが後発なのかもしれません。


ただ固定という言葉はキューワードとしてはわかりやすいですね。

『固定してください』という方がわかりやすくないですか?



細かく言うと、腰椎の分節的な安定性を向上させることを目的に、アイソメトリックな筋力発揮を用いて対象筋に負荷をあたえているのが写真のエクササイズであると言えます。

断じて背骨をがちがちに固めたい訳ではないんです。




| トレーニング・身体・動作 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。