アスレティックトレーナー 関上寅之輔のブログ

スポーツ・健康・心と身体のコト

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

現実と真実


【現実】という言葉を辞書で引くと、

『いま目の前に事実として現れている事柄や状態』との表記でした。


対して【真実】という言葉を辞書で引くと、

『うそ偽りのないこと。本当のこと。また、そのさま』

『仏語。絶対の真理。真如』だそうです。



現実と真実の違いは、

"いま目の前に"というところが重要です。

目の前にある。

ということは、

『人が見ている』という事です。


現実というのは結局のところ、

人が認識した何かについて、

感じたり、

考えたりして、

【勝手に意味をつけた何か】

に他なりません。


人がそこにいて初めて【現実】が生まれるわけですね。

人がいない星には【現実】なんてないわけです。

人が理解できるのは【現実】だけだけで、

【真実】は理解できていないんじゃないかと思います。


真実というのはそれこそ神の領域だと思います。

そうすると、

人間(Aさん)対人間(Bさん)で何かを話すときには、

Aさんの現実対Bさんの現実での会話になるのだと思います。

そうすると何が必要なのかというと、

現実という考え方にたいする【納得できる根拠】であります。


データでも推測でも経験則でもなんでもいいので、

納得できる根拠を説明できるのか否かというところが、

自分なりに【現実】と虚実を見極めるポイントかもしれません。


【真実】と虚実を見極めようとするのは、

私にはまだまだレベルが高いのかもしれないです。


自分の理解が及ばない範囲の事柄について、

安易な否定してしまったり、

シャットダウンすることはうまくないです。

自分の可能性も狭めてしまうかもしれません。






スポンサーサイト

| ことばあそび | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://18911891.blog.fc2.com/tb.php/164-74129be5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。