アスレティックトレーナー 関上寅之輔のブログ

スポーツ・健康・心と身体のコト

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Dead Lift

【Dead Liftについて】

【よく見かけるエラー動作】

①中足部の垂直線上をBarが移動出来ていない。多くの場合、動作中身体(脛部-大腿部全面)からBarが離れている。


【中足部の垂直線上をBarが移動しなければならない理由】
①負荷をリフティングするのに最も効率が良いから。

例えば、150kgのバーベルをリフティングする場合、重心の中心からそれたところでリフティング出来ない事はイメージが難しくないと思います。


【中足部の垂直線上でBarを移動させないことによって起こるデメリット】

①怪我をする。
・「最も効率が良い位置」が中足部の垂直線上であるのであれば、そこから外れた位置(効率が悪い位置)でリフティングすることは、どこかの関節に過負荷がかかるということと思います。
→よくある例として、Barが身体から離れて、中足部よりも前で負荷をコントロールしている場合は、重心位置に対して負荷の位置が遠くなることから、Armが長くなり腰背部に過度なトルクがかかる。腰を痛める。

②Dead Liftの目的が達成されない
・肩甲胸郭関節のStability
・股関節屈曲のMobility(体幹股関節の分離と協同)
よくある例である、Barが身体から離れて、中足部よりも前で負荷をコントロールしている場合、

まずShoulder Packingが出来ない。
→そもそも正しくShoulder Packingされていれば身体からBarが離れない。

また、前方へ移動した重心位置に対し、バランスをとる反射として、Counter Activityが起こり、ハムストリングス等のバックラインの筋が過剰に発火する。
→ハムストリングスのStretchにならない。

③負荷を高められない
効率が良い位置でないのであれば、負荷を高めていくことはできず、Strength Trainingでなくなってしまう。

④Vertical Powerに繋げられない。

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

事実というものは存在しない。あるのは解釈だけである。

ドイツの哲学者のニーチェの言葉ですが、
そうだとするのであれば、
やはり、
①自分が納得できる事をやる。
②周りにあまり迷惑はかけない方が良い。
※周りに迷惑をかける人が多いと、
自分が納得できる事をできないから。

| 未分類 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お詫びと訂正



先日、このような記事を書きました。

参考記事/気になる人が見たら気になる描写



その記事の中に以下のような内容がありました。

外反捻挫

これは外反捻挫なのではないか?

内反捻挫を表したかったのに、

外反捻挫を描いてしまったのではないか?


私は絵の感じから、

勝手に「右足の描写である」と思いこんでいましたが、

これが左足を描いたものであるならば、

それは内反捻挫であり、

そこまで不自然な描写ではありません。


どうしても私には右足に見えてしまうのですが、

左足を描いた可能性が高いようにも思います。


勝手なことを書いて申し訳ありませんでした。

どうしても右足に見えるんだよな~




あの有名な絵と一緒ですね。

一度おばあちゃんを認識してしまうと、

むすめの絵に気づけない。

6642.jpg



| 未分類 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そういえばこいつ走ってっぞ!



小さい頃からずーっと気になっていたのですが、

走ってますよねこいつ。

s_2011-08-092014_30_30.jpg

非常口を示す「こいつ」走ってるんですよ。

上体の前傾具合や、

ストライドの広さ、

うでの振り一つをとっても走っているとしか思えません。

非難の際は、

焦らないで行動してください。

もちろん走らないでください。



世にいう【常識】も人間が作り出した事であって、

真実ではないので、

参考記事/現実と真実

日々アップデートするべきです。


震災時の初動対応でも今まで常識とされていた事が見直される風潮もあります。

例えば、

【地震が発生したら机の下に隠れる】

これは間違ってはいないのですが、

場合によっては机の下に隠れない方がよいと指摘される専門家もいます。


たとえば、

部屋の真ん中においてある机の下は天井の崩落に耐えられない。

背の低いタンスなどの家具の真横にうずくまる方が、

天井などの崩落の際スペースが出来やすく【いわゆる三角スペース】生存率が高い※①


また、

平屋の自宅や、

自宅の一階にいる際に小さい揺れ(余震)を感じた場合は、

即外へ出た方が良い(家の間取りなどにもよるが)。

という指摘もあります。

【地震の際はあわてて外に出ない】という常識もケースによるようです。


さらに、

そもそも机の耐久性自体に問題があるケースも大いに考えられます。

私自身、

先の3月11日、

落下したエアコンの吸気口によって、

粉々になった机を実際に見ています。


その壊れた机の下に隠れようとしたお客様を、

スタッフが安全な場所に誘導したという話も後から聞いており、

冷静なスタッフの判断を賞賛したい気持ちの反面、

あの机の下に人がいたらと思うとぞっとします。


また、

欧米では大の大人が机の下に隠れるという動作のみをトレーニングする習慣もあるそうです。※②

地震大国であるはずの日本ではあまり聞きません。

知識として知っておく事だけではなく、

いざというときに実際に行動に移せなければ何の意味も無い事を、

再認識しなければなりません。


確実に安全な方法論なんてものは今の段階ではありませんが、

結局大切のは、

実際に災害が発生した時にどのように行動するべきか、

各建物ごとにトレーニングしておくということです。

当たり前ですが【避難訓練】がたいせつです。


『KYT(危険予知トレーニング)』なんて言いますが、

各現場で、

ある意味『常識にとらわれず』、

どのような危険があるか考え、

その危険を準備段階で出来るだけ排除し、

実際に災害が起こった際の初動対応を訓練する事が大切です。


明らかに走っている「こいつ」を見て、

そんなことを考えました。






※①.②以前、災害時衝動対応についての本で読みましたが、出展となる書籍がどれなのか忘れてしまいました。参考までの情報として記事にさせていただきます。



| 未分類 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

被災十一日目~震災時初動対応

私も始めて大きな地震を体験し、

施設の職員として利用者とともに施設からの避難と、

避難誘導を体験しました。



前職では、

防災時訓練・避難マニュアル作成なども担当させて頂き、

たとえ職場が変わったとしても、

心構えやアナウンスのポイントなど、

シュミレーション出来ているつもりだったのですが、

実際の避難誘導を行うにあたって、

上手くいったこともありましたが、

課題もやはり見つかりました。



災害発生時に円滑な避難誘導を行うためには、

なんといっても熟練された訓練が一番重要ですが、

その上で、

避難誘導を行う立場の人間が注意しなければいけないポイントがいくつかあります。


たとえば避難誘導員の不安全行動というものが有名です。

簡単に説明すると、

・指揮に従わない行動

・独断で判断する行動

などが不安全行動として総称されます。


具体的には、

・少しの間だけだからと、本来何も無い状態にしなければならない避難経路に物を置いてしまう。

・※①出来るだけ早く助けるためにと、避難マニュアルに無い行動を行ってしまう。

このような事が考えられます。


例に挙げたような不安全行動を避難誘導員が行う事によって、

・エラーの確率が増加する。
意識して防災マニュアルや指示系統の指示を破ることが不安全行動であり、不安全行動とは別にヒューマンエラーという意識していないミスが発生しやすくなる。

・エラーが実害に繋がる確立が増加する。
意識せずに発生してしまうヒューマンエラーは、どうしても発生してしまう事があるが、エラーが発生した際に実害に繋がりやすくなる。

・実害が発生したときの被害が大きくなる。
ヒューマンエラーが実害に発展した際、本来であれば小さい被害ですんだはずのものが不安全行動によって大きな被害に発展しやすくなる。

・エラー防止策を無力化する。
ヒューマンエラーが出来るだけ発生しないように、防災マニュアルや対策を事前に講じているのにもかかわらず、不安全行動はその防止策を無力化する。



避難誘導員が自分の都合でマニュアルや指示系統を無視するような不安全行動が発生することはもってのほかですが、

このような不安全行動の難しい点は、

※①のように、良かれと思ってマニュアルや指示系統を無視してしまうケースがある事です。

人間が人間を相手に避難誘導を行う限り、

どうしても良かれと思って不安全行動が発生してしまいやすい。

稀にそのような行動が、

たまたま良い方向に転び、

思った以上の効果が発生することがありますが、

事態を悪化させることがほとんどです。

これは長年培われたデータによって結論付けられています。


ヒーローになるのではなく、

訓練をつんだ一般人になる勇気も、

非常に重要です。


訓練の中に、

避難誘導の方法論と併せて、

実際に避難誘導する際の、

メンタルや心構え、

どんなときも曲げてはならない一番大切なポイントについての教育を行っていくことが、

非常に重要であると再確認をしました。



| 未分類 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。